一日一想

日々想うことを綴ります。

レジ袋有料化から1年。

お立ち寄り頂きありがとうございます。

 

今日から7月。

1年の半分が、もう終わってしまったんですね(>人<;)

ず〜っとコロナ禍が続いてるので、月が変わったり季節が進んだり…の、時間の流れに疎くなってます。

(それでも季節感は、周りのお花が教えてくれます。自然はすごいですね。)

 

*   *   *

 

「レジ袋が有料化されてから7/1で丸1年ですが…」と話すテレビの声に、「あ〜、そうだった」と、1年前を思い出してます。

 

hedahada.hatenablog.com

 

テレビでは、

「レジ袋の利用は減ったけど、代わりにビニール袋(レジ袋)を買う人が増えたので、プラスチックごみの削減には、まだまだ課題が残る」

…みたいなことを言ってました。

 

その通りだなと思います。

 

結局家の中のゴミをまとめるためだったり、ちょっと物を入れるのに、ビニール袋は必需品。

以前ならスーパーで貰えて、それを家でゴミ入れなどに再利用して最終的に捨てるから、無駄なく使ってる実感があったけど、今は、家のゴミを入れるために新しいビニール袋を使う。

この後ろめたさというか、腑に落ちない感というか…は、1年経っても消えません(^^;;

 

1年前は、何がなんでもエコバッグ!みたいな風潮で、袋を持ってない人は商品をそのまま持ってお店を出る光景をよく見かけました。

(有料になっただけで、無くなったわけじゃないのにね)

でも、最近は、スーパーなどでも普通にレジ袋を買っている人もよく見かけます。

3円、5円払えば良いんだし…っていう考え方、別に悪いことではないと思います。

コンビニなどは、食べた物をすぐ袋に入れて片付けられるから、レジ袋を買うこともあります。

 

しまむら・パシオスなど、衣料品店は普通にお店の名前の入った袋に入れてくれるので助かります。(一定の基準を満たした材料の袋)

エコバッグだらけの中でお店の名前入りの袋はかえって目立つから、宣伝効果が上がりそうですね(*^ω^*)

 

お読み頂きありがとうございました。

おやすみなさい☆彡