一日一想

日々想うことを綴ります。

五輪の観客数。

お立ち寄り頂きありがとうございます。

 

五輪の観客数が決定したようです。

収容人数の50%、上限が1万人。

 

昨日の決定を受け、今朝の情報番組では、スタジオで熱い?討論が繰り広げられてました。

 

それらをテレビで観ながら思ったことは、

結局、世論が何を言っても届かないんだな…ってこと。

専門家の声さえちゃんと届かないんだもの。

 

オリンピックだから、日本だけの問題ではない(菅さんに決定権はない)のもわかるけど。

なんか、虚しい…って言うより怖いです、諸々。

 

示された方針を見ると、観客の行動についての《お願い》の甘さには笑っちゃうほど(失礼ですけど)。

特に「直行直帰」って…。

そんなお願いに全員が従えるようなら、これまで感染長引いてないと思う(⌒-⌒; )

 

1会場の観客数の規定は出たけど、同時にいくつもの会場で競技が行われてるわけだから、オリンピック期間、本当にすごい人数が都内を中心に動き回るってことですよね。

あ〜、怖い。

 

コメンテーターさんも言ってたけど、これまで散々人流を抑えろって言ってながら五輪がこれでは、意味がわからない。

 

*   *   *

 

国民の感情は置き去りにして、五輪は開催される。

始まってしまえばそれなりに競技は進むだろうから、オリンピックという夢の舞台(もはや死語?)からみんなが感動をもらって、今がコロナ禍であることも、その時だけは忘れられるのかもしれない。

テレビ観戦の多くの国民も、気分が高揚するんだと思う。

コロナ禍であることを忘れるくらい感動したら、現地で応援する人じゃなくても油断はしそうだな。

感動シーンの翌日なんて、職場などでいっぱい会話するだろうし。

あちこちで路上飲みとか増えそう。

 

でも、

あと1ヶ月でコロナが収束するとも思えないし。

 

五輪の明るいニュースとその日の感染者数、五輪中はどっちがトップニュースになるんだろうか…、なんて、意地悪なことを考えてしまった。

 

出場する選手の方達の気持ちも複雑なんだろうな。

 

どうなるんだろ。

 

お読み頂きありがとうございました。