一日一笑

不確かな日々に潜んだ確かな今を、一日一日大切に繋いでいきたい。

これって経費削減なのかな?

お立ち寄り頂き有難うございます。

 

最近、テレビの情報番組のレポーターの居ない取材ロケが気になります。

お店などへの取材ロケですが、レポーターは居なくて、カメラマンが映す映像のみ。

取材された相手(店員さんなど)は、カメラに向かって「いらっしゃいませ」と応対したり、アフレコのナレーションと会話するようなやつ。

 

ずっと前にBSでやってた『空から日本を見てみよう』』で、進行役の〈くもじい〉や〈くもみ〉がナレーションで取材相手と話してましたが、あれは楽しい番組でした。

 

でも、最近の情報番組のこういったロケを見ていると、いかにも経費削減なのかな?って、裏を読んでしまい興ざめです。

また、そのナレーションも、いかにも会話してる風の抑揚で逆に耳障り(^^;;

 

私がいつも観ている土曜朝のサタプラが、最近このスタイルで定着してしまい、なんか寂しくて。

レポーターを使ったり、ましてや番組MCによるロケなどは諸々無理なのも分かりますが、番組の個性が薄れてしまってる気がして残念です。

 

でも、このスタイルって、レポーターとお店の人の余分なやり取りがない分、情報だけを知りたい人には好都合なのかもしれませんね。

(一概に「経費削減」とも言えないのかな?(^^;;)

レポーターも上手な人なら楽しいけど、そうじゃないと目障りなだけだし…( ̄▽ ̄)

 

うーん、どっちもどっちか(⌒-⌒; )

 

 

お読み頂き有難うございました。