一日一想

日々想うあれこれを、一日ひとつ、綴ります

ピークの定義。

お立ち寄り頂き有難うございます。

 

最近ニュースや情報番組でよく聞くのですが…、

新型コロナウイルス、先月末に感染のピークを迎えた、云々」

 

とっても違和感があります。

 

毎日大々的に(ニュース速報にもなったり)報じられる、〈東京の感染者数〉。

この数字だけを見て、「ピークを越えた」とか言われても納得はできません。

そして、ピークを越えたと判断したせいか、Go Toトラベルキャンペーンの東京除外を解除する方針?…だとか。

 

地方住みにしてみると、全国で毎日感染者が出ている現状は不安だらけだし、患者の受け入れ体制だって、地方と東京では全く違います。

 

当県(群馬)は、お盆の頃から(クラスターも含めてですが)どんどん感染者が増えてます。

最近は毎日のように2桁。あっという間に400人を超えました。

群馬は、新型コロナ関係の〈県のデジタル窓口〉というLINEアカウントがあり、友達登録しておけば、毎日その日の新規感染者数と、細かい内訳(各自治体HPへのリンク)がLINEメッセージで送られてきます。(他県でもあるのかな?)

それを見ると県内での外出、隣県へのお出かけ、隣県からの来客など、東京由来ではなくお盆での移動が原因での感染がずいぶん多くなりました。

ひとりの感染から濃厚接触者の陽性…と、毎日ジワジワ増えていて不安になります。

 

*   *   *

 

「ピークを超えた」と聞くと、「もう安心」と勘違いが起こるのではないかと懸念します。

以前、緊急事態宣言が解除になった時も「もう大丈夫」と勘違いした人が多くいたと聞きました。

今朝の情報番組でも、ピークを越えたのか?の問いに、専門家の先生たちの意見は割れてました。

 

何を基準にするかでも捉え方は違うし、東京と地方でも状況は全く違うと思うし。

 

言葉だけが一人歩きしないように、政府からの発信は慎重にして頂きたいものです。

(ちょっと偉そうでしたね(^^;;)

 

お読み頂き有難うございました。

おやすみなさい☆彡