一日一想

日々想うあれこれを、一日ひとつ、綴ります

セルフレジ。

今日久しぶりに地元のユニクロでお買い物をしたら、レジがセルフレジでした。

それも、精算時のセルフではなく、全部セルフで驚きました(O_O)

最新式のようで、操作するのは置かれているタブレット端末。商品はカゴに入れたまま箱のような部分にストンと置くだけで計算されます。

スーパーのセルフレジみたいに自分でバーコードをスキャンするわけでもないので、イリュージョンのようでした(^◇^;)

支払いも、もちろん画面の指示に従います。

最後、袋詰めは、自分がちょうど良いと思う袋を取り、自分で畳み入れます。

店員さんは…というと、近くの売り場で商品整理などをしながらチラチラ様子を見ていて、ちょっとでも迷ってる様子だとすぐに来て指示をしてくれます。

 

人件費の削減なのだと思いますが…、

正直、複雑な気持ちでした。

 

スーパーでのセルフレジはだいぶ浸透してるし、扱う商品も食品や日用品。ポンポン袋に放り込めばいいものばかりだし、元々袋詰めはお客の作業なので抵抗はありません。

でも、そこそこの金額を払って買った物を、「自分で」畳み「自分で」袋に入れるってのが…、なんか解せないと言うか(^^;;

お客がその作業をしている間、店員さんは(言い方悪いけど)その辺をウロウロしてるだけ。

思わず「本来ならあなたの仕事でしょ、こっちは客よ」と、心の中でボヤきました。

………………………………

洋服を買って、レジで店員さんが綺麗に畳んで丁寧に袋に入れてくれる様子を見ている時間は、自分が100%お客様になれる心地良い時間だと、私は思ってます。

自分が選んだ物の最終確認をし(笑)、これを着た自分を思い浮かべてみたり、店員さんの手際の良さに見とれたり(笑)。

最後、ピシッとショッピングバッグを受け取りやすいように差し出してくれて、笑顔で「ありがとうございました」と言ってくれる…。

そこまでがお買い物、そのサービスまでを含めた対価が商品の値段と、私は思いたいです。

特にユニクロの店員さんは、どの方も手際が良く、親切な応対が徹底されてて気持ち良かったので、残念でした。

なので、今日のお買い物(総額は7,000円くらいでしたが)は、ちょっと不完全燃焼気味(⌒-⌒; )

 

今後は、洋服を売るお店もこういったセルフレジが一般的になっていくんでしょうか。

百貨店のように店員さんが付いて回ってくださるのは窮屈だけど、ここまで放置されるのもちょっと寂しいような…(^◇^;)

程よい距離感でお買い物出来たら一番いいんですけどね。

 

念のために書き添えておきますが、これはユニクロさんの批判ではありませんよ(^^;;

初めての体験にびっくりしたおばさんの独り言ですm(_ _)m

 

お読み頂きありがとうございました。