一日一想

日々想うことを綴ります。

「木綿のハンカチーフ」と「また逢う日まで」

お立ち寄り頂きありがとうございます。

 

今日の夕方、テレビをつけたらフジテレビ、《ミュージックフェア》で筒美京平さん特集ををやってました。

 

ちょうど、橋本愛さんが「木綿のハンカチーフ」、北村匠海くんが「また逢う日まで」を歌うところ。

面白そうだったので、2人の歌を聴きました。

 

どちらも子供の頃によく聴いた曲。

でも、アレンジや歌い方が違うと、曲の印象が全然違うことに驚きましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

*     *     *     *     *

 

2曲を聴いた率直な感想は、

木綿のハンカチーフ」は太田裕美さんの方が好き。

また逢う日まで」は北村匠海くんの方が好き。

…でした。

 

原曲が有名すぎると、カバーに対して賛否あるんだろうな…とネットで調べたら、やっぱり色々な意見がありました。

 

*     *     *     *     *

 

橋本愛さんの「木綿のハンカチーフ」は皆さん絶賛されてましたね。

(ちょっと驚いた)

アレンジをだいぶ変えて、テンポも変えて…。

女優さんならではの繊細な表現力で歌いこなしてました。

ネットにコメントするのは若い人が多いから、原曲を知らない人もたくさんいるから…でしょうかね。

この曲は太田裕美さんで、あまりにも有名だから、私にはそれ以外のアレンジに、どうも違和感が(^^;;

 

*     *     *     *     *

 

また逢う日まで」の原曲は圧巻の歌唱力で熱く濃く(笑)歌い上げる曲。

小学生の頃、レコードがうちにあってよく聴いていたので、これも原曲をよ〜く知ってます。

でも、

不思議なことに、この曲に関しては北村匠海くんの濃すぎない(笑)爽やかなカバーがとても好きになりました。

北村匠海くんの伸びやかな声と歌のうまさに惹かれたのかも(^^)

(ネットの反応だと原曲推しが多いけど(^^;;)

 

*     *     *     *     *

 

私、よく知らなかったのですが、最近、この2曲を含めた筒美京平さんのトリビュートアルバムが出されたんですね(°▽°)

(だから特集をやってたのか)

 

昭和のたくさんの名曲に、こうして新たな息吹が吹き込まれ、若い人たちに愛されていくって素敵ですね。

 

 

お読み頂きありがとうございました。